自動車保険は加入年齢によって大きく異なります

自動車保険に年齢の条件がついていることはご存知でしょうか?

 

若い世代の事故の確率が高いため、年齢が上がると段々保険料が安くなってくる制度です。

 

保険会社によりより細かく分かれている場合もありますが一般的に、年齢問わず担保(全ての年齢が対象)、
21歳未満不担保(21歳以上が対象)・26歳未満不担保(26歳以上が対象)・30歳未満不担保(30歳以上が対象)に分かれている場合が多いようです。

 

年齢条件による保険料の差はかなり大きく、年齢問わず契約する場合と、30歳以上で契約する場合とでは支払額が倍以上なんてこともあります。

 

子供がいない、もしくはまだ運転する年齢に達していない30歳以上の夫婦の自家用車なら、年齢制限を30歳以上にしておけば保険料の負担は随分軽くなります。

 

息子さん、娘さんなど若い家族が乗るからと年齢問わずで契約していたとしても、年齢は毎年上がって行きますから、更新時には年齢条件を見直しチェックしましょう。

 

ただし、年齢条件をつけている事はしっかり覚えておく必要があります。

 

うっかり忘れて、親戚や帰省してきた息子さんや娘さんに車の運転をさせて事故なんて事態になってしまっても、年齢条件を満たさない運転者では保険を利用する事はできません。

 

もしそんなことになってしまうとすべて自己負担となってしまいますので注意して起きましょう。

 

息子さんや娘さんなど子供が乗る機会が度々あるのであれば、もしもの時のためにも年齢条件はつけないほうがいいかもしれません。

 

事故が起きてから「自動車保険に入っておけばよかった・・・」なんて言っても後の祭りですからね。

 

ranking