外資系の自動車保険業者を選択した際のメリットって何?

最近CMなどでもよく目にする外資系自動車保険。

 

今までは、ほとんどが国内の保険会社でしたよね。ここのところ人気が高まってきている外資系自動車保険のメリットって何なのでしょう?

 

国内の保険会社より外資系の方が保険料が安く済むイメージがありませんか?これは多くの外資系自動車保険が「リスク細分型」の保険料の設定の方法をとっているからなんです。

 

聞きなれない言葉「リスク細分型」とはどういったものかと言うと、加入者の事故を起こすリスクが高いか低いかで保険料を決めます。

 

運転者の年齢や事故歴はもちろんの事、もっと細かい部分、性別・運転歴・普段運転する地域や範囲・車種や年式、車の使用目的や使用状況、車両の安全装置にいたるまで保険の見積もりの基準になってくる訳です。

 

ですので「安全な地域に住み、高性能・高装備な新車に乗って無事故のベテランドライバーが週末余暇を楽しむために運転するだけ」なんて条件の車の保険は安くなると言うわけなんです。

 

毎日のように車に乗らない方や保険料が安くなる方法をお探しならば、外資系の自動車保険がいいかもしれません。

 

また外資系が安いのは、店舗がないことも理由の一つです。

 

国内の損保会社には必ず店舗や代理店が存在します。当然そこに経費がかかってきますよね。外資系の場合はこの形態が無店舗通販になっているんです。

 

無駄を省きコストダウンにつながっているわけです。

 

従来の国内損保会社の方が安心だとおっしゃる方もいらっしゃるでしょうし、保険料が安い外資系を好む方もいますよね。どちらを選ぶかはあなた次第と言えそうです。

 

ranking