自動車保険には実はたくさんの種類があるんです!

自動車保険と一口に言ってもその中には様々な保障と特約があります。補償や特約の内容を知らないと何が必要かそうでないかもわかりませんよね。

 

まず自動車保険に加入する時に基本となる保険について説明しましょう。

 

対人賠償保険

交通事故が起こった際、自賠責保険だけではフォローできない部分を保障するための保険です。人身事故の場合や怪我や死亡事故など被害者側に適用されます。ほとんどの保険会社で対人保険だけは、絶対に加入しなければならないことになっています。

 

対物保障

事故で被害にあったものに対して支払われる保険です。被害者の車両はもちろんの事、店舗や家などの建物、看板や道路標識なども含まれます。最近では対物保障を超える大きな事故もありますのので対物保険の補償額が無制限の保険も登場しています。

 

搭乗者保険

事故を起こしたとき加害者の車に搭乗していた人の怪我などを保障するために支払われる保険です。 

 

人身傷害保険

事故を起こした際に被害者側であるか加害者であるか、または過失の割合に関わらず支払われる保険です。

 

車両保険

事故によって生じた加入車両の破損に応じて支払われる保険です。

 

以上が保険の基礎となる保障です。ここにそれぞれの必要に応じて特約を付帯して行くのですが、特約には

 

無保険者保障特約

事故を起こしたときに相手が保険未加入者の場合や加害者が特定できない場合に、保険対象者が死亡あるいは後遺症障害が残った場合に支払われる保険特約です。

 

弁護士費用特約

事故による示談交渉や自己相談を弁護士にいらいした時の費用に対し支払われる保険特約です。

 

ドライバー限定特約

運転者を限定することによって保険料が割安になる特約です。

 

以上のほかにも保険会社によってオリジナルな特約がありますので、自分に必要なものを選択しましょう。

 

そして保険の形態によっても種類分けできます。

 

ranking