自動車保険とは

ご存知の方も多いことしょうが、自動車保険といわれるものには二つの違った保険があります。

 

まず一つ目は自動車を所有するにあたって、どうしても入らなければならない国が定める「自動車損害賠償責任保険」、一般的に「自賠責保険」といわれるものと、もう一つは自分で選んで加入する「任意保険」です。

 

現状では、自動車保険に加入している事=任意保険に加入している事と認識されています。

 

任意保険は絶対に加入しておきたい保険です。なぜなら事故の際、自賠責保険が適用されるのは、被害者だけです。人身事故の場合の対人保障のみに有効な保険です。

 

そして補償の内容も十分なものとはいえません。

 

事故の種類は対人だけではありませんよね。相手の車両や怪我の度合いによっては、入院費や休業補償が必要になってくる場合もありますし、もちろん物損事故なら建物の修繕費も必要となってきます。

 

自動車に乗っている以上、事故を起こす可能性は誰にでもあります。被害者・加害者どちらになるリスクも背負っている訳です。そんな時に、自分の生活や相手の生活を守るためにも、どうしても必要になってくるのが任意保険です。

 

任意保険は、どの程度の保障を望むかや様々な条件により、支払う金額が変わってきます。

 

ですので、任意保険に加入する場合は補償内容や金額を見積もってもらい、自分の条件と照らし合わせてから加入する事をお勧めします。

 

ranking